リフォームをするこを決めたら

リフォームとリノベーションの違いについて

リフォームをするこを決めたら リフォームとリノベーションの違いについて、それぞれの特徴や具体例を交えながら説明いたします。最近の住宅業界においては中古住宅の流通を促進させる制度が顕著になっており、それに伴ってリフォーム物件やリノベーション物件の広告なども増えています。リフォームとは主に内装の仕上げ更新することがメインとなり、間取りの変更を伴わないものであり、一方リノベーションとは内装仕上げを更新することに加え、大きく間取りを変更し、生活スタイルや用途自体を大胆に変更するものになります。古いマンションの狭く間仕切った部屋の壁を取り壊し、広い空間にするなど、中古住宅特有の事情があるため、こうしたリノベーション物件が増加していますが、注意するべき点が幾つかあります。リノベーション物件には一戸建住宅とマンション物件に大別されます。中古住宅となると、注意する点は耐震性であり、リノベーション物件の広告を見ていると、「新築同様」などと謳っているものが多くありますが、耐震性においては耐震補強工事が行われているかどうかを確認する必要があります。

昭和56年の6月以前に竣工した物件は今の耐震基準に適合していません。ただし、これは既存不適格という状態であり、違法とは異なります。出来るだけ耐震補強して現在の基準に適合させるよう努力して下さいという努力義務があるだけですが、これから長い年月住む以上は補強はすべきです。戸建住宅に関してはリノベーションという大掛かりな工事の時に耐力壁を増設しやすい状態になるため比較的セットで工事を行いやすいです。マンションに関しては全体の住戸に関わる内容となり、既に耐震補強工事を実施しているかどうかを確認する必要があります。


Copyright(c) 2022 リフォームをするこを決めたら All Rights Reserved.