リフォームをするこを決めたら

マンションリフォームの注意点について

リフォームをするこを決めたら マンションリフォームの注意点について、工事内容や近隣住戸への配慮などを交えながら説明いたします。マンションをリフォームする場合には工事内容に制限があり、基本的にマンションのルールに従って実施しなければなりません。マンションには管理規約という全ての住戸の所有者や賃借で入居している者にも適用されるルールがあるため、工事においてもこれらの規則を守らなければなりません。具体的には隣の住戸との壁の部分を変更するような工事をすることや、決められた防音性を確保できない床の仕上げを替えることは認められませんので、注意が必要となります。マンションの管理規約においては、床の防音性について防音性を数値で表す単位を具体的な数値で規定している場合があり、それらを満足することが求められます。

またマンションのリフォーム工事内容が決定するとそのマンションの管理組合の理事にその内容を確認してもらい、管理組合の理事会でその内容で許可してもらう必要があります。工事内容に問題がなければ管理組合の掲示板などに工事日程や内容を掲示し、当該住戸の両隣と上下階の住戸には事前に挨拶をすることがマナーとなりますので、施工会社と一緒に挨拶周りと工事のお知らせをすることが最低限必要な礼儀となっています。


Copyright(c) 2022 リフォームをするこを決めたら All Rights Reserved.